マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
月別記事アーカイブ
 

V字研メルマガ Vol.282「自社の社員をキャスト化する方法」

2018年4月10日 / 14時42分

おかげさまで創業5年目に突入しました。
なんとかここまでやってこれたのは
ご支援いただいている皆様のおかげです。
心からお礼申し上げます。

そこで今日は、中小企業ならではの
周年行事のやり方についてお伝えします。

周年事業はホテルで行うのが一般的です。
お客様や仕入れ先、社員に対し
しっかりとおもてなしで感謝を伝えるためです。

が、周年記念行事を行う目的は、
感謝だけではありません
これから自社が何に取り組んでいくのが、
その覚悟と意気込みを伝えることも大切です。

それには、ホテルがベストとは限りません。
現場そのものを見せた方がよいこともあります。

社員数20人の看板メーカーでありながら
独自商品の開発でトヨタや名鉄に直取引に成功した
(有)KSPは、20周年記念行事を、
ホテルではなく自社で実施しました。

同社はそれまで看板メーカーでした。
しかし同社は、現在、
工場の床を保護するフィルムシートや、
駅のホームに使われているラインテープ等を
製造・販売する「ものづくり」会社として
トヨタや名鉄に直口座を開いて納入しています。
http://www.good-film.info/

今後はこのものづくりに力を入れていく。
それをアピールするには周年記念事業を自社で行い、
実際に「ものづくり」をしている現場や、
サンプル品を見ていただいただこうと考えたのです。

KSPの本社は決して大きくはありません。
収容できる駐車場は限られます。
そのため、周年記念行事は午前と午後、
2回に分けて実施しました。

このとき頑張ったのは社員たちです。
なんせ総勢20人しかいないのです。
駐車場の誘導、工場内の案内、
お茶出し、おしぼりだし、お土産の手配…
通常ならホテルがやってくれることを
すべて手作りで自分たちで考えて実践しました。

すると、来場されたお客様から
お褒めの言葉を多数頂きました。
「従業員の対応が良かった」
「なんて誘導が素晴らしいんだ」
「どうしたらこんな教育ができるの?」…etc。

当の社員たちも、楽しかったを連発しました。
「学際のノリで一体感が味わえてすごく楽しかった」
「部署の違う人と一緒に仕事ができて楽しかった」
「お客様に自分の作業を見てもらえて感激した」…etc

ホテルで開催していたら、
ここまでモチベーションアップしなかったでしょう
自社で開催する周年記念行事は、
自分の会社を輝くステージにし、
社員をキャスト化する大きなチャンスなのです。

周年記念行事で取引先の皆様に
新しい我が社の姿を見て欲しい、
そう考えいるのなら、是非自社のステージ化を
考えてみてはいかがでしょうか?

(ちなみに当社は、次の書籍が上梓する秋口に
イベントやります。それまでお待ちくださいね)

 
各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP