マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ vol.240「迷う無駄の省き方とは?」

2017年8月8日 / 14時56分

台風による被害は大丈夫でしたか?

私も、今回の台風には参りました。
8月7日は弊社3周年記念イベント
「生産性向上ゲーム研修」の開催日でしたが、
やむなく中止しました。

が、このイベントと台風が重なったことで
私は大事なことを学びました。
それは、「撤退基準が迷う無駄を省き、
人の自主性が引き出す」ということです。

7日朝、私が住む岐阜地区は快晴でした。
しかし、天気予報では夕方から夜にかけて
台風5号は開催地・名古屋を直撃します。

そこで、7日朝5時半に次のような案内を
参加予定だった30名の皆さんに
送らせていただきました。

「台風5号の影響で開催時間に
名古屋市で警報が出る可能性があります。
そこで、開催の条件を以下のようにします。

・15時の時点で警報が出ていたら、
 その後解除されても本日の開催を中止します
・15時以降でも警報が出た時点で本日の開催を中止します。
 そうでない場合は、開催します」

すると、受講予定者からこんなメールをいただきました。
「台風の影響を心配しておりましたので、
このように判断基準を頂き助かります」

また、15時過ぎには以下のメールを頂戴しました。
「1500現在大雨暴風警報が発令中の為,
延期と認識いたします」

こうしたメールをいただきながら、
自主性を引き出す「撤退基準」の大切さを、
改めて認識しました。

例えば現在、多くの企業が自社内に
赤字部門を抱えています。
そしてその事業を続けるのか
辞めるべきかで悩んでいます。

この悩みが続いてしまうのは、
そこにGOかNGを決める撤退基準がないからです。

現在私は、ある食品会社の赤字部門の
V字回復を指導しています。
同部門には今春まで撤退基準がなく
ズルズルと数年来の赤字が続いていました。
担当の社員たちは、「社内のお荷物」扱いです。

ここに会長が、メスを入れます。
「上期中に単月黒字にならなければ撤退」
との基準を示したのです。

すると担当の社員たちに変化が起きました。
商品改良、店舗改善、イベント企画等…
「こんなにも考えていたのか!」と驚くほど、
ミーティングを行うたびに、
次々と良い販促策が社員から生まれています。

基準が明確だからこそ、
その基準をクリアしようとして
ひとり一人の主体性が引き出されたのです。
その姿は、どこが「社内のお荷物」だと思うほど、
逞しいエース社員ばかりです。

あなたの会社では今、
GOかNGかの迷う事業はありますか?
あれば、「撤退基準」を創りましょう。
そして皆で打開策を出し合い、取り組みましょう。

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP