マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ vol.242「今求められているプロフェッショナル像とは?」

2017年8月22日 / 15時29分

新聞を読んでいて
リーダーシップ、あるいはプロフェッショナルについて
ほとほと考えさせられる事件がありました。

山梨県市長逮捕の記事です。
この市長は、知り合いの校長の息子が
教員採用試験に合格するように答案用紙を改ざん。
その見返りに80万円の賄賂を受け取ったのです。

校長は同市バレーボ―ル協会の常任副会長でもあります。
そして、その仲介役を務めたのが73歳の住職です。
この住職は校長と同じバレーボール協会の重役で
スポーツの指導者としても名を馳せた人でした。

市長、校長、住職、スポーツ指導者…
市民が立派な人と認め
「あの人の言うことだから間違いない」と信じ
素直に従ってきた聖職者ばかり。

それがこんな悪だくみを働くなんて、
まったく情けない国だなと思います。

そこで、今日的に社会から求められている
人財像を見直してみたいと思います。

マッキンゼーの元日本代表の平野正雄さんは、
21世に必要な人財を以下のように定義しています。

「あらゆる分野でそれぞれの専門知識や技術を持ち、
組織に属していても、いなくても、
自己規律と職業倫理により行動して、
顧客や社会の価値を作り出せる
プロフェッショナルが強く必要とされる」。

この中で、私は「自己規律と職業倫理により行動」という
一文が最も大事だと思います。

上記の3人も、仕事はとてもとできる人たちでしょう。
しかし、「自己規律と職業倫理により行動」
この2つができていませんでした。
能力があっても、自分の利益だけを考えていたんですね。

こうした人が生まれてしまったのは
価値観よりスキルのみを評価してきた社会風潮にあります。
テストで高い点を取るための、
〇〇の鉄則とかテクニックばかりを教える教育が、
人の道を忘れさせてしまった元凶だといえましょう。

また、スキルは一度身に着けると落ちないものですが、
価値観は、普段は正しい考え方ができても
上記の市長が息子のことになって過ちを起こしたように、
TPOによって狂うことが出てきます。

よって、スキルと違い一度学べばそれで終わりではなく
何度も繰り返して学ぶ必要があります。
企業で毎日経営理念を唱和したり、
常にクレドカードを持ち歩いたり、
サンクスカードを書き続けているのはそのためです。

「仕事ができたら文句ないだろう」という考え方を
「そりゃそうだ」と許す風土の会社は危険です。
あなたの会社のプロフェッショナル像は、
「自己規律と職業倫理により行動」は入っていますか?

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP