マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ vol.244「新人が定着する仕組みがあるか?」

2017年9月4日 / 10時27分

新卒の採用活動もそろそろ終盤。
貴社では思うような採用ができたでしょうか?

先日、製造業A社の社長が
「今年は一人採用できた。が、かかった費用は120万。
これだけかけて辞められたら
やってられないよ」と嘆いていました。

確かにその通りですね。
では、どうしたら辞めないようにできるでしょうか?

それには新人の心理を考えてみる必要があります。
コピーライターの糸井重里さんは
自らの新人のころの体験を次のように語っています。

「新人の頃、コピーライターとしての
自分をどう考えていたかは、複雑です。
そうそう簡単に「おれは天才だ」と思えるものじゃない。
最初に感じたのは、
『どうやらおれは、ここにいてもいいんだな』でした。
それが少しずつ
『これだったらおれにもできるな』に変わってくる。
やがて先輩たちの仕事を見たりしているうちに
『これ、おれにやらせてくれたらな』と思うようになる」

つまり、定着のコツは、企業が新人に対し
「あなた、ここでやっていけるよ」の
メッセージを出し続けていくことです。

そこで、新卒の定着に悩む製造業B社で
入社した5人に対し次のような挑戦をしてみました。

まず、現場のマネージャが、
新人ひとり一人の「成長カルテ」を作成します。
「成長カルテ」には、新人にマスターして欲しい項目が
20項目記載されています。以下はその抜粋です。

・商品名を覚える
・各工程での作業時に、良/否の判断をして作業できている
・在庫管理の意味を理解し、先入/先出での作業準備ができる
・機械、器具の名前を覚える
・ライン速度に遅れることがなく作業ができる

このカルテを用い、上司は新人がどの程度できているか
新人と一緒になって毎週チェックします。
チェックの基準は以下の通りです。

説明を聴いたら…各1点。
5回やって2回できたら…3点。
5回やって5回ともできたら…5点。

こうして、最初の2か月間で100点満点を目指します。
100点をクリアすると、次は中級編に進みます。
そして同じように100点満点を目指します。
こうして、半年間で立派な戦力に育てていくのです。

B社では過去5年で新卒を累計20人採用したものの
半数の10人が辞めてしまい、
それが先輩社員の残業過多の一因になっていました。
が、これを導入してからは嘘のように辞めなくなりました。

それは、「成長カルテ」の点数が上がっていくことで
自分の「できる」が見える化できたこと。
そして、その点数を上げるために、
先輩たちが丁寧にアドバイス・応援してくれたことです。

特に後者の効果は大きいです。
家族の一員のように周囲に大切にされていることが
「どうやらおれは、ここにいてもいいんだな」に繋がるのです。

新人の定着率に関わらず、
あなたの会社でも「成長カルテ」を作成してみましょう。
きっと失われがちな職場のコミュニケーションが
復活することでしょう。

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP