マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ vol.266「ドラマ『陸王』に学ぶ企業品質・企業プライドとは?」

2017年12月26日 / 10時44分

TBSの『陸王』が終了しましたね。
来年に向けて元気の出る、良いドラマでした。

直木賞作家である池井戸潤さんの作品は
『半沢直樹』『下町ロケット』の時もそうですが、
一貫した主張があるように感じます。

それは「独立自尊」の精神。
辞書には「人に頼らずに自分の力だけで事を行い、
自己の人格・尊厳 を保つこと」とあります。

これを強く主張していたのは福澤諭吉です。
日本を支配しようとしていた列強に対し、
彼は「隷属するな、日本は自分で未来を選択し、
自分の力で生きよ」と国民に訴えました。
池井戸さんの母校慶應で今も受け継がれる理念です。

池井戸作品の主人公は、他にはない、
魅力的な「技術」と「想い」を持っています。
しかし、その技術を生かす開発力と販売力、
そして何より資金力がありません。

そこで、その技術を求める大手が
次のように迫ってきます。

「俺の傘下に入れ。さもなくば、
競合となってお前を潰してやる」

しかし、主人公たちは潰れません。
「独立自尊」で生きる道を探します。

そのとき、折れそうな心を支えてくれるのは、
「佃製作所からしか買わない」
「こはづ屋からしか買わない」
という、逆指名してくれる顧客です。

この顧客たちは、
何よりも「良いもの」を求めています。
その良いもののハードルはとても高く、
簡単にクリアすることはできません。

主人公たちは、
そのハードルをクリアするために
正攻法で資金提供者や技術者、職人、
家族などの仲間を集めます。

仲間たちが協力する動機は、
当初はカネかもしれません。
が、そのうち動機が「熱情への共感」に
変わっていきます。
そして、一体感溢れるチームになっていきます。

顧客は、最終的に商品品質だけでなく、
それに加えて泥臭い生き様を評価します。

この生き様のことを池井戸作品では
『佃品質』『佃プライド』と呼びます。
今回の作品でも『こはづ屋品質』という
言葉が出てきました。
それは「独立自尊」を象徴する言葉です。

2年前、『下町ロケット』が放映された時、
私は、ある洋菓子メーカーの
中期計画策定をお手伝いしていました。
同社は、大手の下請け業が中心でしたが、
皆で「自社ブランド品を持つこと」に憧れ、
それに挑戦する計画を立案しました。

このとき付けたプロジェクト名が
「下町スイーツ革命」。
下町は、『下町ロケット』から取りました。

以来毎月2回、『下町戦略会議』を継続しています。
現在、皆で目指した自社ブランド品が誕生し、
軌道に乗りつつあります。
それを見た社員は、以前よりずっと
生き生きした顔をしています。
私もそれを見て、とても嬉しく思っています。

今回の『陸王』が貴方の会社で
話題になっているのなら、これはチャンスです。
是非「〇〇品質」や「〇〇プライド」の
〇〇に自社名を入れてみましょう。

そしてそれをスローガンに、
来年は「独立自尊」を地で行く
企業へと進化していきましょう。

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP