マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ vol.269「お客様の笑顔を生み出す源は?」

2018年1月16日 / 10時31分

今日もいい笑顔でスタートしましたか?

先週の『カンブリア宮殿』に登場したのは
「たんぽぽ介護センター」の筒井健一郎代表でした。

番組ホームページでは同センターの魅力を
次のように紹介しています。
「愛知県一宮市にある『たんぽぽ温泉デイサービス』は、
地元の高齢者に愛される巨大介護施設。
一般的なデイサービスの施設は利用者が30人程なのに対し、
「たんぽぽ温泉デイサービス」は、
1日約250人が集う日本最大級のデイサービスだ。

施設内では天然温泉やパチンコ、カジノ、カラオケ等が楽しめ、
リハビリメニューも水中エクササイズや陶芸教室等、
250種類もあり、「お年寄りのレジャーランド」と
評判を呼んでいる。
客を呼び、従業員も満足する介護施設の全貌に迫る!」
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2018/0111/

詳しくはホームページをご覧いただくとして、
今回このメルマガでお伝えしたいのは、
番組の最後を締めくくる同社に贈った村上龍の言葉です。

「逆境に負けない笑顔」

この言葉に、改めて経営者の笑顔の大切さを思いました。
私はクライアントの社員に
インタビューすることが多いのですが、
このとき、「当社を選んだ理由は?」と質問をします。

すると、「採用面接のときの社長の笑顔が良かった」と
いうのが多く出ます。
応募者にとって「社長の笑顔=会社のイメージ」であり
良い会社がどうかを判定する基準なのです。

また、浜松市の人気工務店・都田建設の内山会長は、
自分が社長だった当時、
社員がなかなか定着しない原因がわからずにいました。
そして、ある有能な社員が「辞めさせて欲しい」と
言ってきたときに
「気に入らないことがあれば直すから、
何が気に入らないのか、正直に言って欲しい」と
頼みました。

すると、その社員は眉と眉の間に指先を当てて
「社長がその眉間の皺を辞めてくれたら、
辞めません」と答えました。
社員は、社長の仏頂面を見るのが嫌だったのです。

以来、社長はニコニコを心掛けています。
するとどうでしょう、社員たちもニコニコにはじめ、
それにつられてお客さまもニコニにしはじめました。
その結果、現在は遠方からも見学客が来るほどの
地域No.1工務店になりました。

従業員の笑顔こそが、
お客様の笑顔を引き出す根源です。
その従業員の笑顔は、社長の笑顔から生まれます。

社長がへらへら笑っていたら威厳も何もない、
などと考える人もいるようですが、
仏頂面でいて良いことなどありません。
「逆境に負けない笑顔」を創れる人が、
常に機会を引き寄せ、つかむ人なのでしょう。

「浅井さん、いい笑顔オッケーです!」
今日もこれから、元気にスタートしましょう!

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP