マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ Vol.275「メダリストに見るベテランのあるべき姿とは?」

2018年2月27日 / 12時00分

平昌五輪が終わりましたね。
何に一番感動しましたか?

私はカーリング女子の本橋選手です。
彼女は元日本のエース。
そして、LS北見というチームを創った人です。

今でも正選手で通用する実力があるといいます。
が、今回はリザーブ(補欠)。
実際に試合に出ることはありませんでした。

それでも彼女はリザーブならではの仕事に徹します。
選手が休んでいる間に氷上に立ち、
レーンごとの氷の状態を確かめます。
使うストーンの癖を確かめて、
誰がどのストーンを使うのが良いか判断します。
また、試合中のおやつも彼女のお手製だといいます。

つまり、選手が活躍するための裏方仕事を
一手に引き受けていたのです。

だから選手たちは口々にいいます。
「真理ちゃんのために頑張ろう」
「真理ちゃんがいつもチームを支えてくれた」

そんな彼女の姿を見ながら、
「後輩が活躍しやすい場づくり役となり、盛り立てる」
ことこそ「元エース」のあるべき姿だと思いました。

一方、ベテランで頑張っている選手がいます。
スキージャンプのレジェンド、葛西選手です。

45歳、8回目の五輪代表という彼の活躍は
ベテランと呼ばれる立場の人を
どれだけ勇気づけているかわかりません。

しかし、その一方で将来有望な若手の選手の
出番を奪ってしまっていることも事実です。
彼がジャンプ団体の正選手で出たことで
小林潤志郎選手は出場できませんでした。

もちろん誰を選ぶかは監督の采配なので
葛西選手の責任ではありません。

ただ、ベテランが長くその場に居座ると、
若い人が経験を積み成長する貴重な機会を
奪ってしまうというのは事実です。

企業の中にはそのような人が少なくありません。
長く部次長をやっていて、ちっとも後継者を育てない。
それどころか「ここは自分のポジションだ」
をわからせるために。常に部下へのダメ出しを繰り返す。

会社も「あの部門は彼に任せておけば大丈夫」と
その人に甘え、代わりを育てようとしません。
その結果、部次長は残るが若手社員が次々と辞めていく。
これでは会社の明日を描けません。

このようなリスクを回避するには、
ベテランの部次長には本橋選手のような
サポート役に回っていただくことが理想です。

また経営者もそのようなポジションを作り、
サポート役を期待していることを伝えるべきでしょう。

「元エース」には、ベテランならではの
かっこいい生き方がある。
人を大切にする経営が求められる時代は、
是非それを追求し続けて欲しいと思います。

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP