マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ Vol.288「働き方改革で研修を増やす会社、減らす会社」

2018年5月15日 / 09時07分

『働き方改革で研修を増やす会社、減らす会社』

最近よく聴く、中小企業の社長からの質問です。
「人財育成の大切さはわかります。
が、急がしくて、研修している時間はありません。
どうしたらいいでしょうか?」

多くの企業で今、働く時間短縮が進んでいます。
そのため、研修時間が削られています。
が、そうした会社は、
私が「木こりのジレンマ」と呼ぶ現象に陥ります。

「木こりのジレンマ」とは、次のイソップ物語です。
木こりが一生懸命に木を切っていると
そこに旅人が通りかかります。
そして木こりを見てこう声を掛けます。

「木こりさん、たまには斧を研がないと
そのうち切れなくなるよ」
すると木こりは次のように答えます。
「馬鹿言うな。そんな暇あるか」
そしてそのうち斧が切れなくなり、
木こりは仕事できなくなりました、という話です。

これを職場に置き換えた場合、
「斧の刃と研ぐ」は専門性を磨くとなります。
専門性を磨く学習を怠ったために、
誰からも必要とされなくなってしまったのです。

このような会社に必要なのは発想の転換です。
「業務が忙しい→学習に割く時間がない」ではなく
「学習する時間を創る→そのために、業務を効率化する」
と考えるのです。

どの職場でも、同僚が病欠したら残ったメンバーで
援け合って仕事をこなすでしょう。
それと同じように、仲間を研修に行かせるために
皆で援け合うのです。

研修受講の目的は、会社のためであり、
受講後に自分たちに良い影響があるとわかっていたら、
誰しも進んで応援してくれるでしょう。

研修を受講した人は、
より高度な専門知識、技能を職場に持ち帰ります。
それを研修に行かせてくれた仲間に伝え、
皆で実践すれば、職場の生産性が上がります。
それによって業務のやり方が変われば、
今度は別の人が研修を受ける時間的余裕ができます。

研修が盛んな会社は、
こうして会社全体の生産性を高めています。
「モノを作る前に人を創る」と語ったのは松下幸之助です。
私は教育投資をし過ぎて倒産した例は知りません。

「忙しいから、研修に参加できない」は、
現代版の「木こりのジレンマ」です。
あなたの会社も、まず一人が研修に参加する時間を
創出する方法から考えてみましょう。

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP