マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ vol.323「あなたのチームは目標達成体質になっていますか?」

2018年10月30日 / 10時14分

支店・営業所を複数持つ会社やチェーン店を
コンサルティングしていますと、
目標達成できるチームとできないチームの違いが見えてきます。

目標達成できるチームは、リーダーが優れています。
そのリーダーは、どのチームを率いても目標達成します。
彼にはチームを目標達成体質に変える力があるのです。

では、どうしたら組織は目標達成体質化できるのでしょうか?
以下に、できるリーダーに共通する
目標達成体質化のための3つの習慣を紹介します。

1・成果を出すための原因つくりに
焦点を当れた行動計画を立てる

成果は原因があるからもたらされます。
そこで、原因づくりの具体的な方法をメンバーが立案し、
具体的な行動計画に落とし込んでいきます。
ポイントはマネージャ一人で計画を作らず皆でつくること。
皆でつくるから、全員の当事者意識を引き出すことができます。

2・ミーティングを増やしチームワークを高める

メンバー間のコミュニケ―ションがよくなる習慣をつくります。
できればメンバーとリーダーは毎日必ず連絡をとり、
週に1度はミーティングするようにします。
ミーティングのときにリーダーは部下の頑張りに感謝し、
必ずほめるようにします。

3・案件ごとの進捗管理を丁寧に行う

行動計画の進捗管理はもちろんですが、
営業部門の場合は案件ごとの進捗管理を丁寧に行います。
一覧表を作り、今最優先すべき案件は何か?
リーダーがサポートした方が良い案件はあるか?など
リーダーが絶えずチェックし、次の一手を確実に行います。

以上1~3ができると確実に目標達成体質に変わります。
1が〇でも2と3が×なら?は画に描いた餅でしかありません。
また1と2が〇でも3の管理が雑なら仲良しクラブで終わります。
さらに3が〇でも1と2が弱ければ、
社員は案件情報の入力時に強いやらされ感を感じ、
続かなくなります。

部門長は現場のチームが
目標達成体質になっているかチェックしください。
1・2・3のいずれかに問題があれば、
そこを是正するよう指導してください。

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP