マスコミ取材・講演依頼各種お問合せ03-4455-4688
 
最近の投稿記事
 

V字研メルマガ vol.327「人口減少下の生徒数倍増の自動車学校の秘密」

2018年12月5日 / 09時00分

人口が減るから売り上げが減っても仕方がない…
そう考えて縮小均衡を選択する会社は少なくありません。

しかし、縮小均衡で生き残るのはトップブランドだけ。
下位企業はどんどん消えていっているのが現状です。

自動車学校は、まさにその大波に直面しています。
18歳人口は、93年の203万人から
18年には118万人まで減少。
そのため、どの自動車教習所も苦戦していますが、
逆にぐんぐん伸ばしている学校があります。

三重県伊勢市の南部自動車学校です。
わざわざここに、合宿免許を取得しに来る学生が増加し、
生徒数を伸ばしているのです。
先日、同社にお伺いし加藤社長にその秘訣を聴いてきました。

人気の理由は、ブランディングの成功です。
ブランディングというと、エルメスのように
「商品の高品質化」で差別化するのが一般的です。
が、運転免許証はどこでとっても一緒。
そのため商品そのものでの差別化はできません。

そこで同社はブランディングを
「お客様との約束の証」と定義し、
取得までのプロセスで差別化することにしました。

あなたは教習所に、どんなイメージを持っていますか?
叱られて怖い…そんなイメージはありませんか?

そこを何とかしたいと考えた同社は
「親切で丁寧な」教習所になることを
コアコンピタンス(独自性の核)に据えます。

そして、その実現のために、
以下の3つの他校にはない制度を導入しました。
1.担任制度
2.ほめられる教習
3.親感謝プログラム

「担任制度」は、入校から卒業まで
一人の教官が担任になって
ずっとその生徒を教えるというものです。
これができているのは、三重県下では同校だけです。

担任制にしたため、生徒が教官に感謝する、
教官が生徒を励ます、応援する仕組みができます。
また、担当した生徒の検定試験の合格率や
生徒のSDカード取得率などが教官の評価基準になります。
これが教官のモチベーションになっています。

また、「ほめられる教習」は、
教官が全員「ほめる達人検定3級」を取得。
毎朝の朝礼で2人1組となり、
お互いの長所を見つけてほめるロープレを
1分間やるなどの研修を重ね、定着させました。

さらに、「親感謝プログラム」は、
卒業時に生徒が親に感謝の手紙を書くプログラムです。
なぜなら、万が一交通事故を起こして傷ついた場合、
いちばん悲しむのは親だからです。

親に感謝することで、生徒は誰にでも
大切にしたい親がいるのだと気が付きます。
すると、丁寧に運転しようという気持ちが芽生えます。
これにより「永遠の安全運転」を
実現できると考えているのです。

同校はこの3つを「三種の神器」と呼んで実践しています。
そして「ほめちぎる教習所」というネーミングで
登録商標をとり、PRしています。
そのユニークさから多くのマスコミで紹介されています、

この3つは本質的に生徒と教官の関係性を良くし、
お互いの人間力(徳)を高めるプログラムです。
同社はアウトプットでブランディングできない業態でも
プロセスでブランディングできるお手本。

差別化に悩む会社は、是非参考にしてください。

各種お問合せ・ご相談

新商品開発、プレミアム人財の育成、営業力強化などのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
各種お問合せはこちら
マスコミ取材・講演依頼はこちら

株式会社 V字経営研究所

株式会社V字経営研究所は、2014年4月に起業した、次世代経営チームの育成を支援するコンサルティング会社です。 「 事業と人財のV字回復するプログラム、あります 」 をスローガンに、企業の最重要課題である増収増益の実現と人財が育つ仕組みづくりを支援します。また、その実践を通じて社長が右腕と頼む次世代経営チームを育てます。次世代経営チームが強くなれば、今日出会ったお客様と、100年後も付き合い続けることができるでしょう。
企業がそのような100年ブランドへと成長することが当社の理想です。

PAGE TOP